FAQ

Stages

※パワーメーター(クランクアーム)のインストール
留意事項:パワーメーターとフレームやコンポーネントが対応するように、これらのステップの順序によく従ってください。パワーメーターの互換性が確認されるまでペダルをインストールしないでください。

1.クランクアームのメーカーが提供の説明書、およびパワーメーターに付属の説明書に従って自転車の左クランクアームに取り付けます。クランクのメーカー取扱説明書 へのリンクは Stages Cycling ウェブサイトをご覧ください。

2.クランクアームを自転車に取り付けるときは注意してしっかりと行いますが、 この時点 ではペダルを取り付けないでください。

3.注意しながらゆっくりとクランクを 1 回転し、5ページ に表示のように、パワーメーターのセンサー筐体とフレーム、あるいはその他のコンポーネントが接触していないか確認します。

4.パワーメーターとフレーム、あるいはその他のコンポーネントが接触している場合は小売店に連絡して技術支援を受けてください。

5.接触がない場合は、ペダルのメーカー取扱説明書に従って最後にペダルを取り付けます。

ご自身のバイクとステージズパワーメーターとの互換性を確認するプロセスを案内します。

フレームクリアランス

左側またはLR(左/右)パワーメーターのフレームクリアランスを確認してください。フレームの互換性は、10mmの六角レンチで確認することができます。

下図は、クランク購入前に考慮する必要がある「クリアランスゾーン」を表しています。互換性のあるクランクを使用していることを前提して、クランクアームとチェーンステーの間に必要な「クリアランス」があれば利用可能です。これには、自転車のチェーンステーだけでなく、クランクアームとフレームの間にあるチェーンステーに取り付けられたブレーキも含まれます。チェーンステーブレーキ付きのバイクの場合は、代わりのブレーキキャリパーが必要な場合があります。

チェーンステーブレーキ

チェーンステーにマウントされたブレーキの場合、パワーメーターの取り付けを妨げることがあります。下記の情報を確認の上、販売店にご相談ください。

1.ブレーキモデル
2.バイクのモデルと年式
3.クランクモデル

クランクの互換性

クリアランスを確認したら、次にクランクセットとの互換性を確認してください。場合によっては、左クランクオプションが利用できないことがあります。
モデルのリストをチェックして、既存のクランクと同等のモデルを見つけてください。
同じメーカーの他のクランクモデルでも互換性がある場合もあります。製品の説明書を確認してください。

ステージズパワーメーターは、Shimano、FSA、SRAM、Cannondale、Campagnoloのクランクセットとの幅広い互換性を提供します。
多くは、同じボトムブラケットのインターフェイスと同様のオフセット/ Q-factorを持つモデルと互換性があります。

Shimano Hollowtech II

Dura-Ace、Ultegra、および105用の左クランクオプションを提供していますが、追加のコンポーネントレベルと多くの古いグループも互換性があります。シマノロードクランクは、二重ピンチボルトを使用する他のコンポーネントレベルで交換可能です。ほぼすべてのピンチボルト式のSHIMANOロードクランクは同等の長さで交換できます。

Shimano Hollowtech II MTBクランクでは、XTと下部クランクのみを交換できます。 XTRクランクは、「レース」または「トレイル」のいずれかのスタイルで、同等のXTR左クランクモデルと一致させる必要があります。ロードとマウンテンバイクのクランクは交換できません。

FSA

FSA SL-KとエネルギーBB30モデルは、他のFSAロードBB30クランクと互換性がありますが、トリプルクランクモデルは例外です。
現時点では、FSAマウンテンバイククランクに対応するモデルはありません。

SRAM

SRAM BB30との互換性は、スピンドルを左側に取り付けたSRAMクランクセットに限定されるため、ドライブ側にスピンドルを取り付けた旧モデルは、この設計の変更により互換性がありません。使用可能なスピンドルと互換性のあるモデルの概要については、製品ページを参照することをお勧めします。

キャノンデール

Cannondale SI モデルは、現在のCannondale SiおよびSiSL2クランクセットと互換性があります。旧式のCannondale SLクランクモデルと他のメーカーのクランク(Cannondaleクランクブランドの再ブランド化)は、設計上の違いにより互換性がありません。

Campagnolo

Campagnolo RecordとChorusの左側パワーメータは、Super Recordを除き、いずれのCampagnolo Ultra-Torqueクランクセットでも使用できます。 Campagnolo Super Recordの左側パワーメータは、Campagnolo Super Record Ultra-Torqueクランクセットとのみ互換性があります。

ステージズパワーメーターは、ステージズパワーアプリまたはこの機能を有効にする特定のヘッドユニットを使用して、バッテリー残量を計算します。

ステージズパワーアプリで確認する

スマートフォンやタブレットにステージズパワーアプリがインストールされている場合は、パワーメータのバッテリーの状態を簡単に確認できます。
ステージズパワーアプリは、アプリのホーム画面の右下に推定バッテリー寿命を表示します。バッテリインジケータは、アプリを介して接続した後に表示するには5〜10秒かかることがありますが、一度ロードすると、バッテリ残量を視覚的に通知します。
バッテリーインジケーターは、バッテリーが当初は緑色で表示され、残量が15-20%で黄色に変わり、残りが5%以下になると赤色に変わります。
※バッテリーの残量は予測値のため、異なる可能性があることに注意してください。

ガーミンヘッドユニットで確認する

一部のガーミン製品では、ヘッドユニット内のバッテリステータスを確認することができます。パワーメーターは数分ごとにバッテリーのアップデートを送信するだけなので、パワーメーターがオンになってから数分間ガーミンに接続した後にチェックしてください。

ハードウェアを固定するときにかかるトルクの影響で、ゼロオフセットがずれてしまったり、クランク素材をゆがませることがあります。パワーメーターを自転車から取り外したり、取り付けるときは、必ず、ゼロオフセットを校正してください。周囲の温度の変化もゼロオフセットにある程度影響する場合があります。最大の精度を維持するためには、自転車に乗るたびにゼロオフセットを手動で校正を行ソことをお勧めします。
適合 ANT+ サイクルコンピューターあるいは Bluetooth Smart モバイルデバイスにペアリングするときは、パワーメーターおよび表示装置は双方向のコミュニケーションになっています。表示装置はゼロオフセット値を校正するためにパワーメーターに指示を出し、場合によっては結果として生じたゼロオフセット値をパワーメーターから表示装置に送り戻し、スクリーンに表示されます。表示されたゼロオフセット値はゼロではありませんが、センサーが測定した数値に対応する数です。表示装置はそのプロセスが成功したか、失敗したかも表示します。

ゼロオフセット校正のプロセスは表示メーカーによって異なりますが、一般的なステップはほぼ同じで、表示装置メーカーの特定ステップに従ってください。

1.パワーメーターは表示装置とペアリングし、表示装置と通信しているか確認します。

2.クランクを5ページのように垂直に置き、自転車が安定しているかを確認します。

3.無線表示の設定機能にアクセスします。

4.パワーセンサーを選択します(パワーセンサーは「BIKE(自転車)」設定内にあることがよくあります)。

5.「CALIBRATE(校正)」あるいは「Zero(ゼロ)」機能を選択します。ゼロオフセットの校正が始まり、わずか数秒で完了します。

6.互換性のあるヘッドユニットは、片方または両方の(Stages Power LR)センサーのゼロオフセット値に関して、正常な完了を示すメッセージが表示されます。

ステージズ LRパワーメーターのゼロリセットプロセスは、既存の左側パワーメータと同様です。
クランクを垂直にしてペダルに負荷をかけずに、安定した状態を保ち、ヘッドユニットまたはステージズパワーアプリからキャリブレーションまたはゼロリセットを選択します。

ステージズLRパワーメーターには2つの独立したパワーセンサーがあるため、2つのゼロ値が報告されます。使用されるヘッドユニットに応じて、左右に別々に報告されるか、または2つの交互の値として示され、1つが負(すなわち890 / -890)を示します。ゼロ値の範囲は、既存のメーターと同じで、890の値から+/- 50以内に収まる必要があります。

ステージズパワーメーター各モデルは、使用中に校正されので、常に校正する必要はありません。
ただし、1週間に1回、または重要なイベントやフィットネステストの前に「ゼロオフセット」キャリブレーションを実行することが推奨されます。

ステージズパワーメーターのLEDインジケータは、バッテリーレベルを表しています。

起動時に、バッテリーレベルに基づいてパワーメーターのLEDライトが点滅します。
緑色(16-100%)、黄色(6-15%)、赤色(1-5%)始動後最初の1分。

LRの場合、左センサーは、左から右のバッテリーレベルを連続して点滅させます。

ステージズパワーメーターのバッテリーは簡単に交換できて工具も必要ありません。

バッテリーを取り外すには:

バッテリー・ドアを「open」位置に回し、カバーとバッテリーを静かに持ち上げます

新しいバッテリーを取り付けるには:

1.CR2032バッテリーのプラスをバッテリー・ドアに向けて挿入します。

2.Oリングがチャネルに正しく配置されていることを確認してください。

3.バッテリー・ドアを「open」位置に合わせて再挿入します

4.カバーを時計回りに回してcloseポジションに戻し、所定の位置にロックします

ステージズパワーメータのファームウェアは、無料のステージズパワーアプリを使用して簡単にアップグレードできます。
ステージズパワーアプリは、Bluetooth 4.0を使用するApple iOSとAndroid互換デバイスの両方で使用できます。

どちらのアプリケーションはBluetooth 4.0を介してパワーメータに接続します。
アプリが最新のファームウェアが利用可能かどうかを確認し、ダウンロードしてインストールするかどうかを尋ねます。インストール時間は帯域幅によって異なりますが、通常は完了まで数分かかります。バッテリーを取り外す必要はありません。

ステージズパワーメーターは、IPX7耐水規格に準拠して製造されています。
激しい雨に耐え、浸水にも対応します。しかし、高い水圧で噴霧するなど、高圧の状況には置かないでください。

ステージズパワーメーターと別にケイデンスセンサーを準備する必要はありません。
ステージズパワーメーターは、ANT +またはBluetooth Smart接続を介してヘッドユニットにパワーとケイデンスの両方を送信します。

バッテリーは、左装着モデルで約200時間、LRで約150時間持続します。
CR2032コイン型電池1個を使用します。

購入から1年間保証されています。

ステージズパワーメーターは、ANT +またはBluetoothサイクリング互換のヘッドユニットで動作します。
また、互換性のあるモバイルアプリを使用して、多数のiOSとAndroid搭載端末で動作します。

ANT +電源対応ヘッドユニットの全リストについては、ANT +ディレクトリをチェックし、自転車用電源の表示を選択してください。
既存のスマートフォン、タブレット、またはラップトップと一緒に使用可能なサードパーティのアプリやソフトウェアを使用して電力メーターを使用するANT +のドングルアダプタを使用して既存のデバイスにANT +接続を追加することもできます。

※新しいアプリは定期的に追加されています。オプションはお使いのデバイスによって異なります。

ステージズパワーメーターは工場で各メーカーの新しいクランクアームに取り付けられます。
ユーザーがメーターを自分で取り付けることはできません。

パワーメーターのコンポーネントでユーザーが修理できるのは電池、電池カバー、Oリングだけです。他のコンポーネントは修理できません。また、絶対に調整あるいは改造などを試みないでください。

パワーメーターのクリーニングをする際には、湿った布で汚れや破片などを拭き取ってください。プラスチック製筐体を損傷してしまう場合がありますので、絶対にコンパウンドやディグリーザーなどは使用しないでください。バッテリー収納部を点検し、電池の接触部分が腐食していないか確認してください。

※絶対に、高圧水をパワーメーターやバッテリーカバーに直接かけないでください 。

Stages Cyclingでは、パワーメーター用の付属アプリを提供しています。このアプリでは、ファームウェアの更新、ゼロリセット、バッテリー寿命の確認、パワーメーター機能のテストを行うことができます。Stages Powerアプリの詳細や互換性のあるモバイルデバイスへのダウンロードについては、以下のサイトをご覧ください。

www.stagescycling.com/support-app