fbpx

インターテック オンラインストア

会員登録・ログイン 買い物カゴ

SPEEDPLAY

SPEEDPLAYのよくある質問をまとめました。
下記でも解決できない場合は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

ゼロ,ライトアクションペダルは自転車専用設計となっております。その他のクリップレスペダルのシステムは スキーのビンディング技術を基に設計されております
はい。クリートをペダルにはめると、適切なペダリングプラットフォーム以上のものを提供します。ゼロペダルはあらゆる種類の長距離サイクリングイベントで使用されています。プロのロードレース、超距離サイクリング、トラックレース、トライアスロンなども含まれています 。 プラットフォームについて
はい。全てのスピードプレイペダルと同様にゼロペダルも両面での取り付けが簡単にできます。さらに、丸みを帯びたリーディングエッジとトレーリングエッジは、ペダルが地面と平行になるよう設計され、クリートを簡単に取り付けることができます。 特許取得済みのゼロペダル、ライトアクションは常にクリートをはめやすい位置になるよう設計された唯一の両面使用のクリップレスペダルです。
いいえ。ゼロ、ライトアクションはマウンテンバイクシューズと互換性がありません
ゼロ、ライトアクションペダルは、優れたコーナリングクリアランスを提供します。
ゼロ、ライトアクションクリートは事実上すべてのブランドに適合します。ご自身の足に最適な靴を選択する必要があります。 靴の互換性について
ステンレス-ペアで206g(1個103g) クロモリ – ペアで216g(1個108g) クリート – ペアで105g (3つ穴マウント)、ペアで64g (4つ穴マウント)
シンプルなデザインのおかげで軽量となっております。ロック機構をクリートに配置することで、ペダルは可動部品であるスピンドルのみで製造されます。この設計機能だけでも、他のクリップレスペダルと比較して、1ペアあたり最大で1/2ポンド(約227g)節約できます。
固定位置かフロートのどちらかを選択でき、内向きと外向きの制限ネジを使用して0〜15度の範囲で微調整できます。
ゼロクリートスプリングハウジングには、「ヒールイン」と「ヒールアウト」の文字が刻印されているため、フロートを調整する方向を正しく選択できます。
精密なニードルベアリングと2つの精密なカートリッジベアリングを使用 しております。ゼロペダルで使用されている高品質の「転動体」ベアリングは、他のペダルシステムで使用されているプラ​​スチック製の「スリーブ」ブッシングよりも転がり抵抗が40%少ないという利点があります。
かかとを外側にひねってゼロペダルから取り外します。すべてのクリップレスペダルと同様に、ペダルストロークの最下部で脚を完全に伸ばして離すのが最も簡単です。
クリートの4 x 11mmの外側固定ネジがきつく締められていないかを確認してください。抵抗が感じられるまでクリート固定ネジを締めてから、1/2回転以内で締めます。ネジを締めすぎると、スプリングが正常に動作しなくなり、かみあいと保持に影響を与え、クリートに損傷を与える可能性があります。また、正しい取り付け用ハードウェアとSnap Shim Kitが使用されていることを確認してください。
すべてのクリップレスペダルシステムと同様に、最適な装着テクニックを習得する必要があります。すべてのスピードプレイペダルと同様に、ゼロペダルに必要なエントリーモーションは、ペダルボディをまっすぐに踏むだけです。かかとを下にして足が平らになるようにし、エンゲージメント中に足を少しひねることではまるかと思います。 適切なエンゲージメントテクニックを使用した後もペダルのエンゲージメントの問題が解決しない場合は、クリートスプリングをスーパールーブドライフィルム、RZ-50、デュポンパフォーマンスドライ、リキッドレンチなどの乾式(テフロンまたはPTFE)潤滑剤で潤滑してみてくださいドライルーブ、プロゴールドまたはブラスター製品のスプレー。これらの潤滑油はすべて、簡単に入ることができます。また、4つの4 x 11 mmクリート固定ネジが締めすぎていないことを確認します。ネジを締めすぎると、スプリングが正常に動作しなくなり、かみ合いに影響を与える可能性があります。
SP-LUBE、スーパールーブドライフィルム、RZ-50、デュポンパフォーマンスドライ、リキッドレンチドライルーブ、プロゴールド、またはブラスタードライルーブなどの乾式タイプ(PFTE)の潤滑剤をクリートスプリングと中央領域に塗布します。クリートのくぼみにゴミやゴミがないようにしてください。また、クリートの外板に潤滑剤を塗布しないように注意してください。床面でクリートが滑りやすくなる場合があります。
2000マイルごとまたは雨天やほこりの多い状況で乗る場合は頻繁にベアリングにグリースを塗ることをお勧めします。ペダルが手で自由に回転する場合(停止する前に1/2回転以上)、ベアリングとスピンドルの損傷を防ぐために、すぐにグリースを注入します。ゼロペダルの内蔵グリースポートにより、すばやく簡単にグリースを塗布できます。グリースは安価な保険であり、摩耗や水による損傷を防ぐことで交換部品の費用を節約できます。
3000〜5000マイルごとに、又はクリート部​​品が摩耗している場合はそれよりも早くクリートを交換してください。クリートスプリングを乾式(PTFE)潤滑剤で潤滑し、クリートを定期的に掃除して汚れや破片がないようにしてください。損傷した部品や過度の摩耗が見られる部品には絶対に乗らないでください。摩耗した部品やその保守性について疑問がある場合は、乗る前にご購入店に連絡してください。新しいクリートパーツと古いクリートパーツを組み合わせてクリートを取り付けないでください。
いいえ。ライトアクションクリートはゼロペダルでは使用できません。同様にゼロクリートはライトアクションペダルでは使用できません。ゼロペダルでのみゼロクリートを使用してください。
いいえ。ゼロペダルでライトアクションパーツキットは使用できません。
ライトアクションペダルは、初めてのクリップレスペダルのユーザーとspeedplayの愛好家を念頭に置いて設計されました。どのクリップレスペダルよりも簡単に装着と脱着ができますのでクリップレス初心者に適したペダルです。ライトアクションには、独自の特許取得済みラッチメカニズムも備わっており、スプリングの張力に依存せずに安全に使用できます。 ライトアクションペダルは両面装着が可能なため、道路から目を離すことをせず簡単にはめることができます。また、最高のコーナリングクリアランスやスタック高さなど、Speedplayのレーシングペダルと同じ高性能機能の多くを提供します。
いいえ、ライトアクションペダルは、レースや競技以外でのサイクリング用に特別に設計されています。独自の低荷重で安全性の高いラッチメカニズムを備えたライトアクションペダルは、レースなどの激しいサイクリングで使用されるペダルに採用されている「ねじれに対する抵抗」ではなく、素早く簡単に外れるように設計されています。スピードプレイでは、レーシング、競技、またはアグレッシブなライディングスタイルのライダーにはゼロペダルを推奨しています。 ゼロペダルのリリースモードは、レース状況などの激しい運動でも外れにくく設計されています。 足をひねってライトアクションペダルから外すのに必要な労力は、ゼロペダルよりも少なくなります。
ウルトラライトアクション –ペアで約220g(1個110g) ウルトラライトアクションクリート-ペアで117g(3穴マウント);ペアで69g(4穴マウント)
ライトアクションペダルは、シンプルなデザインのおかげで軽量になっております。クリートにロック機構を備えたシステムを設計することにより、ペダルには可動部品であるスピンドルのみが備わっています。この独自の特許取得済み設計機能だけでも、他のより複雑なクリップレスペダル設計と比較して、1ペアあたり1/4ポンド(約114g)も節約できます。
ライトアクションペダルは15度のフロート範囲があるため、足や膝にも優しいです。
ライトアクションペダルは精密ニードルベアリングと精密カートリッジベアリングを採用しています。ライトアクションペダルで使用されている高品質の「転動体」ベアリングは、他のペダルシステムで使用されているプラ​​スチック製の「スリーブ」ブッシングよりも転がり抵抗が40%少ないという利点があります。
いいえ、シンプルでユニークなラッチ設計により、クリートを調整する必要はありません。ライトアクションペダルシステムのラッチメカニズムは、エンゲージメントのセキュリティを確保するために、硬いスプリングの張力に依存していません。
いいえ。ゼロクリートはライトアクションペダルでは使用できません。またライトアクションクリートはゼロでは使用できません。ライトアクションペダルにはライトアクションクリートのみを使用してください
Zeroパーツキットをウルトラライトアクションペダルで使用できますか?
船舶用ホイールベアリンググリースなどの合成の防水グリースが最適です。 スピードプレイは、工場で防水ベアリンググリースを使用しています。薄い粘度のグリース、スプレー潤滑剤、オイル、または乾式(PTFE)潤滑剤をペダルベアリングに使用しないでください。損傷する恐れがあります。
はい。自転車のどの部分でも重量は重要です。ペダルの重量はホイールの重量と同様に回転重量として分類されます。自転車の回転する部品の重量を減らすことは、回転をしない部品の重量を減らすことよりもはるかに重要です。古くからある自転車のことわざで「ホイールの重量を1ポンド落とすことはフレーム重量を2ポンド落とすほどの価値がある」 ペダルの重量もこれと同様のことが言えるでしょう。
いいえ。実際、いくつかの独立した研究では、フロートによる力の損失はないと結論付けています。フロートは、関節の位置ずれによる反復運動による損傷を防ぐのに役立ちます。
インジェクターの先端をグリースポートに挿入するときに、グリースガンに圧力をかけます。必ずグリースをゆっくりと注入してください。グリースを注入しながらスピンドルのペダルボディを回すと、グリースがベアリングを通り抜けてペダルボディのスピンドル側に出やすくなります。古いグリースの後に新しいグリースが出てきたら、ネジを戻して余分なグリースを拭き取れば完了です。
足がスピンドルに近いほど、より効率的にクランクに力を伝達できることが一般的とされております。
いいえ、ゼロ、ライトアクションペダルは、他のどのペダルよりも靴底をスピンドルの上部に近づけています。実際、一部の人気ブランドのクリップレスペダルは、ペダル軸をSpeedplayペダルよりも1/3インチ(約0.85mm)ほど足から離して配置しています。