fbpx

インターテック オンラインストア

会員登録・ログイン
買い物カゴ
INFORMATION 2021.5.1

【連載スタート!】“インザスカイSANO”こと、佐野淳哉選手レポート【STAGES BIKE体験記】

“インザスカイSANO”こと、佐野淳哉選手のレポート連載がスタート致しました!第一回目は【STAGES BIKE体験記】!!

皆さんこんにちは!自転車選手の佐野淳哉です。



Twitterではふざけた事を言っておりますが、真面目に練習をするときもあります。 ここ最近、コロナ禍ということもあって室内でトレーニングされる方も多いと思います。
私自身 も昨年は非常に室内トレーニングの頻度が増え、特に7月前まではほとんど家の中でトレーニン グするのみでした。 特にバーチャルサイクリングに関しては利用される方も非常に多く、今もなお室内メインで練習される方も多いと思います。
私個人としては、やはりレースは屋外なので、現在では実走がメインとなりましたが、それでも冬の雨天、またこの時期でも屋外での練習が危険と思った日には室内で練習することもあります。ですが、室内でのトレーニングはバイクのセッティングは勿論、音を気にしたりと皆さんもその辺りが面倒に感じることがあるのではないでしょうか?

私もその様な一人ですが、今回STAGES BIKEによって、以前よりもより快適に室内トレーニング ができる様になりました! 以前から気にはなっていましたが、大きさの面、また、使用頻度を考えると、私の場合、自宅に 設置するには大掛かりすぎるかな?と、考えておりましたが、いざ使ってみると、デメリットよりも圧倒的にメリットの方が大きく、これは皆さんいもぜひ使って欲しい!と思いました。

STAGESBIKEはホームトレーナーの様にバイクをトレーナーにセットする訳ではなく、


製品自体 がバイクの形をしておりますので、設置準備も要らずに乗りたいと思った時にすぐ乗れます。
佐野淳哉選手

中には乗りたくてもその準備が面倒で断念してしまう方もいると思いますが、これならすぐ乗れてしまうので気軽さの面で圧倒的に便利でした。


まず、STAGESBIKEの設置ですが、本体自体は非常に重量があるため、持ち運びは頑張ってもらえたらなと思います、大人二人でしたら問題なく設置できると思います。 置いてさせ仕舞えば、あとはほとんどやる事がないのも助かりました。接続するケーブル等はありますが、説明書を見ればあっという間に準備はできます。
機械が苦手な私でさえ簡単に感じました!

また、バイクの各部には、調整用のレバーがついており、自分の好きなようにセッティングも変えられます。
初めは私はこの機能はいらなのではないかと思っておりましたが、これが今回非常に役に立ってくれました。


佐野淳哉選手

と言うのも、大変恥ずかしい話ですが、実は先日、トレーニング中に怪我をしてしまい、痛みが あるため通常のバイクセッティングですとちょっと乗るのに苦労していました。
特に体を折り曲げること、そして腕に荷重をあまりかけられなかったため、ハンドルの方が低いと乗るのが辛かったのですが、この調整可能な機構のおかげで、痛む部分に負荷をかけない様なセッティングを作ることができたのは非常に助かりました。

そして驚いたのがシフトが電動、ボタンひとつで負荷を自由に変えられます。



しかも仮想ギアの歯数、段数もアプリを使えば、実際には無いリア25段設定ということもでき、これは誰でも使えるスーパーバイクに感じました、この辺りはまた次回に皆様にお伝えできたらと思います。

最大負荷も2000ワット超と、私たちプロが使っても申し分ないレベルまで負荷を上げることも出来ますし、

逆にセッティングによっては非常に軽くすることも出来ますので、力のない方でも楽しくトレーニングできるのではないでしょうか?



実際私の妻や、子供たちも乗れるとわかったらやってみたいと言って、バイクセッティングを変え、負荷を軽くして楽しそうにやっていました。 使用中の音に関してですが、無音とは行かないまでも非常に静かです。

これなら夜にやっても問題ないかなと感じました。洗濯機の脱水より静かですし、また、バイク自体が非常に堅牢につくられておりますので、バイクが暴れることもなく、ガタつくこともありません。
むしろこれを暴れさ せられる人間がいたら見てみたいと思うくらいです(笑)


佐野淳哉選手 <<トレーニングに励む佐野氏>>

続く…


◆佐野淳哉選手
※インザスカイSANOtwitterより


佐野選手は1982年生まれで38歳のベテランレーサー。過去には国内トップチームだけでなく、現在のNIPPO・ヴィーニファンティーニに当たるチームや、イタリアのUCIプロコンチネンタルチームで海外レースを経験。国内のロードレーサーとしては大柄な178cmという身長に、70kgを超える体重から繰り出されるトルクでペダルを踏み倒すパワフルな走りが持ち味です。

Twitterでは“インザスカイSANO”を名乗り、強面でありながらその風貌から織りなすコミカルで不思議な世界観にハマるファンが急増!!!突っ込みどころ満載のツイートはこちら!
◆インザスカイSANO
https://twitter.com/sanojunya0109

佐野 淳哉(さの じゅんや)PROFILE


1982年静岡県清水市出身
静岡県静岡市清水区在住
チームブリヂストン・アンカー所属(2005年)
チーム・バン・サイクリング所属(2006〜2007年)
チームNIPPO・エンデカ所属(2008〜2012年)
ヴィーニ・ファンティーニ=セッレ・イタリア所属(2013年)
那須ブラーゼン所属(2014〜2015年)
TEAM MATRIX POWERTAG 所属(2016〜2019年)
レバンテフジ静岡 所属(2020年〜)

【SNS】
Facebook:https://www.facebook.com/sanojunya0109
Twitter:@sanojunya0109
Instagram:https://www.instagram.com/sanojunyasano/